“充実した収納”
本当に住みすい「家」を考えたら、「充実した収納」に行きつきました。 シューズボックスに入りきらない靴が、玄関に散乱しているとイメージも良くありません。 エントランス横のスペースを活用して、収納スペースを作ることで、シーズンオフの靴もバッチリ収納できます。 玄関の床からウォークスルーにすることで、使い勝手がとても良くなります。

建築士からひと言

昔風に言うと「玄関はその家の顔」。しかし、家の中に上げたくない物や世代によってはベビーカーや子供のおもちゃなど、置いておきたいものは沢山あります。それなら片付ける空間を作ってしまえば良いのでは、という発想のもと創られた空間です。住まいの入口として、最初に通る空間ですから気持ちよくお迎えしたいものですね。


階段下のスペースを有効活用して、充分なスペースを確保しています。 必要な時に直ぐに取り出せるように動線をイメージして、収納スペースを設けている点がポイントです。 棚は可動式になっているので、食材の保管から普段は使わない台所用品の収納など、効率良く収納することが出来ます。

建築士からひと言

保存食やストック品を思った以上に、細かいキッチン廻り。
しかし、奥行きがありすぎると、いつの間にか不用品となってしまう可能性も。浅く、広く、見通しが良いのがキッチン廻りの鉄則だと思います。そんな発想から生まれたこちらの収納は、キッチン廻りに最適な棚の配置になっています。


衣服やカバンを押し入れに押し込んでしまうと、取り出すのが大変です。 普段利用しないものを専用のクローゼットに収納することで、快適な生活空間を広げることができます。 ちょっと広めのスペースを確保することで、しまっておいたものを直ぐに取り出すことができます。

建築士からひと言

主寝室に併設されたクローゼットは、普段に使うのは二人分の衣服から、四季を通して使うアイテムまで、収納するものは色々。そんな時は、浅い棚と併せて、奥行きのあるフリースペースが重宝します。固定型と自由型を兼ね備えた収納空間をお勧めします。


子供部屋から書斎など、モノが多いと、つい置いたままになってしまいがち。 広めのクローゼットが部屋にあると、片付けも楽になります。 部屋のレイアウトを考慮しながら、デッドスペースを上手く活用して、収納スペースを確保するのがポイントです。

建築士からひと言

子供部屋の収納は、限られたスペースの中で、将来まで考えておくことが大切です。奥行きのある収納にして、クリヤBOXや収納棚を設置し、成長に合わせて変化できるスペースをご提案します。